屋上防水改修工事 ビフォーアフター

  • 施工前

  • 施工後

某施設屋上の防水改修工事を行ないました。
既設FRP防水の不良部を除去してウレタン塗膜防水X-1工法を施しています。

さて、ここからは防水工事に関するお役立ち情報をお伝えいたします。

屋上の防水工事の種類

一口に屋上の防水工事といっても、その工法はさまざまです。
ここでは屋上の防水工事に活用されている工法をご紹介しましょう。
シート状の材料を使用して防水層をつくる工法がシート防水です。
シート防水には、塩ビシート防水とゴムシート防水があります。
一般的な工法といえば、ウレタン塗膜防水とFRP防水です。
ウレタン塗膜防水はウレタンを用いる工法であり、FRP防水は繊維強化プラスチックを用いる工法です。
アスファルト防水はさらに熱工法とトーチ工法にわけられます。

ウレタン塗膜防水のメリット

ここからは主流の工法であるウレタン塗膜防水のメリットについてお伝えします。
ウレタンを使用するため施工面に凹凸や切れ目が入りません。
そのため複雑な形状の屋上でも施工できるというメリットがあります。
またアスファルト防水に比べると非常に軽量であるため、建物への負担が軽減されます。

丁寧な防水工事に定評がありますので、ぜひ一度ご相談ください。
アトラス株式会社は、豊富な知識と確かな技術力を駆使して、高品質・高精度の施工をご提供します。
熊本市をはじめとした熊本県全域での各種防水工事のご依頼は、弊社にお任せください。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ